>
糖尿病

一緒に糖尿病と向き合いましょう

どうして治療が必要なの?こんなに元気なのに?何も症状がないのに?

そんな思いの方も多いと思います。糖尿病は知らないうちに進行します。検査値の異常は身体の不調の警告です。症状が出る前に対策を取ることが大切です。そして、症状は身体の叫びではないでしょうか。症状が出たら放置せずに、早いうちに対策をとることが非常に重要です。気になった時点で対応することが、人生を大きく左右することにつながります。

糖尿病は放置すると、動脈硬化性の変化を中心として様々な病態を起こす可能性があります。高血圧や脂質異常症など、他の生活習慣病も高率で合併するため相乗的に、脳梗塞・心筋梗塞・腎不全・網膜症・神経障害を引き起こします。また、糖尿病の方は癌になりやすいことも示唆されてきています。
Doctor
症状が出てからの治療も可能ですが、少しでもリスクを下げておくことが将来の健康にとても大切です。糖尿病の合併症がすでに出ている方は、早急に適切な治療を行うことが非常に重要です。治療を開始しても、正常にまで戻らない場合があるのは事実ですが、管理をしっかり行うことで進行や再発のリスクが減り、より健康的な未来につながります。それぞれの状況に応じて、治療の目的や目標は異なりますが、どのような場合にも、しっかり向き合うことが大切です。多くの糖尿病は、自分次第で将来を変えることが可能です。気になったときが治療を開始するのに最適なときです。当院では、できる限り多くの患者さまがより良い未来を迎えられるよう、個別の状況に応じた無理のない加療の提案を目指しています。ぜひ、将来の自分を想像しながら糖尿病に立ち向かってください。

<当院の治療コンセプト>

  • それぞれの病態にあった治療法を提案します。

    医学は進歩し、治療も個人に合わせたオーダーメイドの医療ができる時代になりました。そんな今だからこそ皆さまの生活や環境、病状、価値観に合わせた治療の提案をさせていただくクリニックを目指したいと考えております。

  • 患者さまに寄り添い無理のない治療を一緒に考えます

    糖尿病は、患者さま自身の気持ち(モチベーション)に、とても左右される病気です。病状、性格、ライフスタイルに合わせた治療の提案を目指し、少しでも気持ちよく通院して、治療に取り組む意欲を持ち続けていただくことが非常に重要だと、当院では考えています。ときには、つらい治療も必要ですが、一緒に病気に向き合い、苦楽を共にできるような場所にできればと思っております。

  • 一般的な治療から専門医ならではの治療までご提案します

    糖尿病の治療には非常に多くの組み合わせがあり、新薬の開発も盛んです。 内服薬での治療、インスリン、食事療法、運動療法..。糖尿病専門医として、北里大学病院で軽症から重症の方まで非常に多くの患者さまを診察してきた経験、知識を生かし皆さまに合った方法をご提案いたします。

<当院の診療方法>
<診察・検査について>
一般的な診療間隔、検査予定を記載しますが病状や患者さまのご事情などに応じて柔軟に対応いたします。

①糖尿病の方
基本的に月に1回の受診となります。
体重、血圧を受診ごとに測定させていただきます。

体組成を3~4カ月に1回程度測定し筋肉・脂肪量の変化を見ます。
血液検査を毎月行いHbA1c、血糖値、脂質の変化などを見ていきます。
動脈硬化、超音波検査、心電図検査などを年に1回程度御提案します。

*検査や通院間隔は当院の推奨であり、患者さまの状態やご希望により柔軟に対応いたします。

②高血圧、脂質異常症、高尿酸血症、他の内科疾患などの方
基本的に月1回の受診をお願いしています。
体重、血圧を受診ごとに測定させていただきます。
体組成を3~4カ月に1回程度測定し筋肉・脂肪量の変化をみます。
血液検査は状況に応じて月1回から数カ月に1回程度となります。
動脈硬化や超音波検査、心電図検査などを、年に1回程度、ご提案します。

*検査や通院間隔は当院の推奨であり、患者さまの状態やご希望により柔軟に対応いたします。

③肥満加療、減量加療
症候性肥満(肥満による症状がある方)の方は保険適応になります。 患者さまのご希望を重視した減量方法をご提案します。 詳しくはお問い合わせ下さい。
<24時間持続血糖測定>

当院では『ipro2®』という小型の機械を装着することで、24時間の血糖変動が見れる検査を導入しております。今まで血糖の変動は、その時々の血糖値を測定するか、1~2か月の平均値であるHbA1cを測定してその期間の変化を想像することしかできませんでした。そのため、食後に血糖値がどのくらい上がっているか、夜寝てる間に低血糖がないか、HbA1cが正常でも本当に血糖が上昇したりしていないかという所の確認が非常に難しい状況でした。

この機器は新しいことや、結果を解析して説明できる経験をもった医師が必要なため導入している施設は少なく、外来で検査可能な医療機関は神奈川県全体でも希少です。非常に画期的な機器で、患者様自身の負担も少ない検査ですので、当院ではぜひ皆様にお気軽に検査を受けて頂けるように導入致しました。

こんな方々におすすめです。(現在糖尿病でない方にもお勧めです)

  • 血糖値の変動が大きい方
  • 低血糖が疑われる方
  • 1型糖尿病の方
  • 糖尿病家系でまだ導尿病ではないが現状を把握したい方
  • 自分の今の血糖変動に興味がある方

小さな機械をつけて過ごすことで、その間の御自身の血糖値が24時間のグラフで診ることができます。ぜひ血糖値の変動をしっかり見極めて、本当に必要な治療や対処法を考えましょう。





装着法:腹部に注射針型のセンサーを刺し、小型の機器を取り付けます。穿刺時に採血程度 の痛みはあります。検査中も、金属針を留置する訳でないので、日常生活に制限はなく、 お風呂なども問題ありません。 検査期間:3日間~5日間(御都合で期間調整しますが、どの期間でも費用は同じです。来院は装着日と終了日のみになります)
費用:12,000円(自費診療となります)

予約制ですので、お電話又は受診時にお問い合わせ下さい。(TEL:042-705-8055)